借金と抵当権の関係について

不動産を担保として借金をする時、抵当権を理解しておくと役に立ちます。主に不動産を担保とする場合に出てくるのが抵当権と呼ばれる権利です。これは土地や家などを担保として借金をする時に必ず設定されるもので、日本の民法で定められています。一般財産と種類を分けた担保である点も特殊と言えます。不動産担保融資のメリットは、返済など契約を履行している最中もその家や土地を使用することができる点です。これは他の一般財産と異なり、引き渡しを必要としないからこそ可能となります。
万が一債務が滞ったり返済ができなくなった場合、貸主は持っているこの権利を使い、預かっている不動産資産を競売にかけることなどが可能となります。登記簿には不動産の持ち主や抵当権、借地権や地上権、地役権などの情報が記載されており、債権者はこれらの記載に基づいて権利を主張することが可能となります。
お金を借りるには様々な手段があります。銀行などでローンを組む場合はこの抵当権が入っていることが多いです。住宅ローンの場合「第一抵当」、「第二抵当」と順に登記されていることが多く、強制執行になった場合は第一抵当から順番に抵当権が行使されることとなります。